にであう

にであう
大阪府
にであう 大阪府

にであう

2021.10.08

滋賀大学にであうトレーニング

今、DX人材が不足している、という声を聞くことが多くなりました。では、企業はどのようなDX人材を雇用したいと考えているのでしょうか。
それは、データを収集し、分析、戦略を立てられる人材です。つまり、データサイエンスの知識を持った人材ということになります。その知識は「顧客の需要予想」や「製造における不良品の予兆検知」などに活用できます。

大阪府では、滋賀大学と連携し、求職者の方に向けたデータサイエンス講座を提供いたします。


STEP1:入門編【高校生のためのデータサイエンス入門】

【入門編】データサイエンス入門_1

【入門編】データサイエンス入門_2

STEP2:実践編【大学生のためのデータサイエンス】

No1_現代社会におけるデータサイエンス

No2_データ分析の基礎

No3_コンピュータを用いたデータ分析

No4_データサイエンスの応用事例

No5_機械学習の事例紹介

No6_PPDACサイクルとは何か

No7_自動車販売データの分析

No8_地産地消データの分析

No9_自由記述アンケート回答の分析

No10_プロジェクトを成功させる仕事の進め方

こちらのページの動画は求職者の方に必要な単元を抜粋しているため、番号が飛んでいます。抜粋する前の講座については滋賀大学HPをご覧ください。(※遷移先ページは学生向けのページです。こちらへの受講申込はご遠慮ください。)


ご相談・お問い合わせ

にであうトレーニングについて、受講しようか迷っていたり、自分にできるか不安な方、またその他のご相談があれば、「コロナ禍での就職活動を応援する特別相談窓口」にお問合せください。
あなたの就職に向けた相談について、スタッフが一丸となってサポートします。

にであうトレーニングページに遷移します

滋賀大学 にであうトレーニングの内容に関しての質問・お問い合わせはコチラにご入力ください。担当者より順次ご連絡いたします。 質問内容によっては各講師への確認が必要になるなど回答までお時間がかかる場合や回答が難しい場合があります。 予めご了承ください。


免責(注意)事項
・本コンテンツに関連するすべてのテキスト、グラフィック、画像、映像、音楽、サウンド、ロゴ、ボタンアイコン、発言、アイテム、リソース、ソフトウェアなど一切の著作物に関する著作権その他の知的財産権は、国立大学法人滋賀大学(以下、「滋賀大学」という。)、業務提携先または当該著作物の著作者等の第三者に帰属するものです。 ・本コンテンツを、著作権者の許諾を得ずに、複製、上映、二次的利用等することは、ご遠慮ください。

記事一覧に戻る